穀物や添加物は必要ない

基本的には何でもそうですが、添加物はできるだけ体内に摂取することは好ましくありません。これもキャットフードの中に多少入っているものや、添加物だらけのものもあります。同じように穀物ばかりが多く配合されているキャットフードもあります。飼い主は、どんなものが猫に必要な成分なのか、どのようなものは不必要なのかとしっかり把握していなければいけません

価格が安いからと言って安易にキャットフードを購入していることもあると思います。しかし成分表をしっかりみてみると、かなり多くの添加物が入っていたり副産物で作られているため、栄養がまったく足りていない食事となってしまうことがあります。

さらに金額を安くするために穀物を多く使用しているキャットフードもあります。実際このようなキャットフードを毎日与えても、死に至ることはありませんが猫の体の健康は徐々に悪くなっていきます。例えば穀物をとりすぎて肥満になりますし、栄養不足のため、さまざまな病気を発症してしまいます。さらにアレルギーになってしまうと、完治するのはなかなか難しいと言われています。添加物を使用しているキャットフードや、穀物の比率が多いキャットフードを毎日の食事として与えることは非常に好ましくありません。

基準をクリアしているか

キャットフードを選ぶ時には、一つ頭の中に入れてお入れ欲しい言葉があります。それはヒューマングレートです。これは人間も食べることができる品質の食材という意味をもっています。キャットフード選びのポイントとして、この言葉どおりに基準をクリアしているものを選び、与えるようにしましょう。さまざまな基準をクリアしているキャットフードをあたえることで、生活が健康的になりますし病気の予防にもなります

また、穀物を含んでいるキャットフードは、あまり好ましくありません。基本的に肉食の猫に対して、穀物を多く与えてしまうと、必ず消化不良を起こします。下痢が続いてしまうなどしっかり食べたものが消化されません。

そもそも穀物を消化する器官としての働きをしていないものなので、肉を多く配合しているキャットフードを与えるようにしましょう。穀物を多く摂取してしまうことで、猫が肥満になってしまうケースも多くあります。標準体重で生活することが、体への負担を無くしますし病気の予防にもなります。猫も人間と同じです。肥満というものにはまったくメリットがありませんしデメリットばかりですので、穀物を使っていないキャットフードを与えるように心がけましょう。

原材料にもこだわること

キャットフードが多くある中で、人間に対しての食材を使っているキャットフードがあります。このような食材を使って作られているキャットフードを選んで購入するようにしましょう。人間が口にするさまざまな食材は、厳しい基準がありますし検査も行われます。猫も生き物ですので、食べ物が悪ければ不健康になってしまいます。病気になってしまうと飼い主さんも大変ですが、一番大変で痛い思いをするのは猫です。

家族の一員として一緒に生活しているのでしたら、人間が口にする食材と同じものを使って作られているキャットフードを与えるようにしましょう。しかし市販のお店で売られているキャットフードには、なかなかこの基準を満たしているようなものはおいてありません。

特におおいキャットフードは、副産物が使われているものです。このような副産物を多く使ったものや、穀物の比率が多いものは、毎日の食事として与え続けてしまうとアレルギーを発症してしまう可能性がとても高くなります。さらに本来とるべき量の栄養素も不十分となってしまいます。人間も安心して口にすることができる食材を使って、穀物を使っていないキャットフードを、できるなら与えていきたいものです。

キャットフード選びのポイントについて

キャットフード選びのポイントとしては、穀物を使っていないものをできるだけ選んで与えるようにしましょう。猫は犬と同様に肉食の動物です。人間の考えでいけばお肉ばかりではなく、野菜などを取り入れていくことで健康維持につながると考えてしまいますが、肉食の猫の場合は、体の機能が野菜や穀物に対応していません。お肉をとることで健康的な生活を送ることができるのです。

お肉からも炭水化物は摂取することができますので穀物を与える必要はないのです。穀物を多く与えてしまうと、消化器官が対応していないため下痢をおこすなど消化不良となってしまいます。しかし市販に売られているキャットフードには、多くの穀物が使われています。

毎日このような穀物を多く含んだ食事を与えてしまうと、肥満やアレルギーそして尿路疾患といった病気を引き起こしてしまう可能性が、とても高くなってしまいますので、できる限り穀物を使っていないキャットフードを猫には与えるようにしましょう。キャットフードでは、穀物を使わずに作られているものもたくさんあります。

市販のお店で価格がやすく設定されて売られているキャットフードよりも、高いものが多くなってしまいますが、猫の健康のためには欠かすことはできませんし、病気にかかってしまった方が医療費が高くつくこともありますので、食事に関しては与える原材料や成分などをよく見極めて購入するようにしましょう。穀物よりもお肉を主体として作られているキャットフードがお勧めです。