穀物や添加物は必要ない

基本的には何でもそうですが、添加物はできるだけ体内に摂取することは好ましくありません。これもキャットフードの中に多少入っているものや、添加物だらけのものもあります。同じように穀物ばかりが多く配合されているキャットフードもあります。飼い主は、どんなものが猫に必要な成分なのか、どのようなものは不必要なのかとしっかり把握していなければいけません

価格が安いからと言って安易にキャットフードを購入していることもあると思います。しかし成分表をしっかりみてみると、かなり多くの添加物が入っていたり副産物で作られているため、栄養がまったく足りていない食事となってしまうことがあります。

さらに金額を安くするために穀物を多く使用しているキャットフードもあります。実際このようなキャットフードを毎日与えても、死に至ることはありませんが猫の体の健康は徐々に悪くなっていきます。例えば穀物をとりすぎて肥満になりますし、栄養不足のため、さまざまな病気を発症してしまいます。さらにアレルギーになってしまうと、完治するのはなかなか難しいと言われています。添加物を使用しているキャットフードや、穀物の比率が多いキャットフードを毎日の食事として与えることは非常に好ましくありません。